パラベラムについて

パラベラムは、女性や子供など力の弱い人のための自己防衛システム(personal safety system)です。

パラベラムの概要

パラベラムは、2007年国産初の女性護身術として開発がスタートし、アメリカ、カナダ、スイスの女性護身術団体から訓練を受け、様々な格闘術の技術を導入して成立し、その後、女性護身術としては世界で初めて、進化心理学と戦略学の観点を大幅に導入し、現在に至ります。(※1)

パラベラムとは?

パラベラムは、護身術を包括的な戦略として捉える必要があると考え、次のように定義しています。

QOLを向上させる為の、拒否や懲罰の行使と、その行使の脅しに関するもの。

この定義に出てくる「拒否」とは、他者に対して、自分にとって許せることと許せないことの境界線を、言葉や行動によって示すことで、「懲罰」はそのような行為に対する責任を、加害者に負わせることです。

拒否には、暴力に対して格闘術で対抗する事や、嫌な事に対して言葉で「ノー」と言うことから、他者に助けを求めること、警察や弁護士などを活用する、など、相手の意図を拒否するための手段の全てを含みます。

もし、護身術を、格闘術を習うことだと限定的に捉えてしまうと、身を守ることは難しくなります。

そもそも男女問わず、護身術を必要とする人は、持病や障害など様々な理由で、加害者よりも強くなったり、走って逃げることが難しい場合も多いのです。

パラベラムの構成

パラベラムは、上記の目的を達成するために、以下の2つのカリキュラムから構成されています。

実技
実技として、詠春拳を基礎とした格闘術を学びます。
座学
座学により、暴力を回避する戦略と戦術を学びます。

脚注

  • ※1 当会調べ(2018年1月)
タイトルとURLをコピーしました