パラベラム協会

パラベラムとは?

パラベラムは、女性と子供、力の弱い男性のための女性護身術 (Feminist Self Defense)です。

パラベラムは、2007年国産初の女性護身術として開発がスタートし、アメリカ、カナダ、スイスの女性護身術団体から訓練を受け、更には、武術軍隊格闘術の技術を導入し、現在に至ります。

パラベラムの目的

パラベラムでは、見ず知らずの他人からの暴力だけでなく、顔見知りの人物による暴力(※1)にも対抗することを目的としています。これは、女性への暴力の大部分が顔見知りによって行われている(※2)からです。

顔見知りからの攻撃に対しては、単純に加害者との格闘に勝利する事だけでは、身を守ることはできません。そうした暴力から身を守るには、状況と加害者の行動をコントロールすることにより、暴力を恐れる必要の無い日常生活を取り戻す必要があります。

そのためには、暴力に関する知識と、自分の行動の選択肢を増やすことが必要です。パラベラムでは暴力から日常生活を守るために「何をしてはいけないか」ではなく「何が出来るのか」を学びます。

パラベラムの構成要素

パラベラムは以下の3つのモジュールから構成されています。

格闘術
武術軍隊格闘術を取り入れた、シンプルで強力な近接格闘術を学びます。
戦略と戦術
女性護身術を基礎として、暴力に関する知識と、暴力を予測し回避する方法を学びます。
ダメージ・コントロール
自分や身近な人が暴力被害に遭った場合の対処について学びます。

※1 パラベラムが想定している暴力は、肉体的な暴力だけでなく、心理的な暴力や、性的な暴力が含まれています。
※2 男女では暴力の被害状況が異なります。全ての暴力犯罪に於いて、男性は女性の2倍被害に遭っており、加害者も見ず知らずの他人である場合が多くなっています。

ツールバーへスキップ