パラベラム協会

女性護身術について

女性護身術(Feminist Self Defense)は、1970年代の女性に対する暴力を許さない社会的な要請に応じて、アメリカやカナダで開発された、女性や子供、力の弱い男性のための護身術です。

女性護身術の歴史がスタートしたのは正確には1972年です。アメリカに於いて Matt Thomas(母親が日本人で父親がアメリカ人)によって空手を元にした女性護身術が作られ、同年、カナダに於いて、Paige family (Ned Paige & Ann Paige) によって空手と柔道をもとにした女性護身術が作られました。

日本に於いては、パラベラム協会よって、2007年国産初の女性護身術としてパラベラムの研究・開発がスタートします。パラベラム協会は、アメリカ、カナダ、スイスの女性護身術団体から訓練を受け、独自の改良を加えて現在に至ります。

女性護身術の特徴

現代の一般的な護身術では(いわゆる不審者)からの暴力を想定しています。それらとは異なり、女性護身術では、女性の多くが顔見知りにより殺害されたり強姦されたりしていること、強姦には必ずしも身体的な暴力が伴わないこと、 強姦の多くが計画的におこなわれていること、といった実情を踏まえて、身体的な抵抗のみでなく、心理的な抵抗の技術(言葉と態度による攻撃の回避)を重視しています。

女性護身術では、心理的な抵抗の強化手段として、エンパワーメント(統御感の獲得)とする、セルフエスティーム(自尊感情)を高める、バウンダリー(自分にとって許せる範囲と許せない範囲)の確立、アサーティブネス(自他を尊重する態度)を身につける、といった内容のプログラムを指導しています。

つまり、暴力がどのように見えるのかを学び、自分にとって許せる範囲と許せない範囲を確立することで暴力を予防し、自他を尊重するコミュニケーションを駆使して暴力を回避します。そのため、女性護身術では、一般的な護身術では対応することが出来ない、ドメスティック・バイオレンスやセクシュアル・ハラスメントなどにも対応出来るようになっています。

また、女性護身術と一般的な「女性向け護身術」の大きな違いは、女性護身術は、女性解放運動(ウーマン・リブやフェミニズム)を背景として成立しているため、男女平等の精神を重視し女性の自立自尊に焦点をあてています。ですから、女性護身術では、女性が身を守るために「やってはいけないこと」ではなく「何ができるのか」を伝えることを重視しています。そうした部分が、一般的な「女性向け護身術」と決定的に異なると言えるでしょう。

女性護身術の更新

女性護身術は女性への暴力を許さない社会的な動きの中で、大きな役割を果たしました。しかし、現在に於いて、女性護身術には二つの問題点があります。

一つ目の問題点は、従来の女性護身術はセミナー方式で実施するため、プログラム内容が短くて1〜2時間、長くても20時間(3日間)ほどで終了します。そのため、女性護身術による格闘訓練は非常に簡素なものとなるため、女性を心理的にエンパワーすることは出来ても、実質的な格闘能力の向上が見込めない内容となっています。

二つ目の問題点は、従来の女性護身術においては暴力の原因を社会学的な観点のみで理解しようとするため、暴力の生物学的な原因を無視しており、そのため、暴力に対して有効な予防・回避が出来ていない可能性があることです。

パラベラム協会では、国産女性護身術であるパラベラムの研究・開発を通じて、このような女性護身術が持つ二点の弱点を乗り越える事に成功いたしました。

ツールバーへスキップ