パラベラム協会

軍隊格闘術について

パラベラム協会が訓練を受けた軍隊格闘術を紹介致します。

クラヴマガ

クラヴマガ “Krav Maga” とは、1944年頃にイスラエルの Emrich Lichtenfeld(Imi Sde-Or)により考案された軍隊式近接格闘術で、1948年にはイスラエル正規軍の創設に伴いに同軍に採用され、1981年には米国に伝えられ、1990年代から世界中に広まりました。(スデ=オー・ヤニロブ,2001年)

パラベラム協会は、イスラエルの松濤館流空手のチャンピオンで、Eyal Yanilov氏からクラヴマガのインストラクター資格を取得した、Avi Mazalto氏から2009年から2012年まで、クラヴマガ のインストラクター訓練を受けました。

フェアバーン・システム

フェアバーン・システム “Fairbairn System” とは、1940年頃にイギリスの William E. Fairbairn により考案された軍隊式近接格闘術で、広く西側諸国の軍隊式格闘術の元になった格闘術と言われています。(マクドゥーガル,2015年)

パラベラム協会は、カナダ軍およびカナダ警察での勤務経験を持つ、Bill Wolfe氏から、2012年に集中トレーニングを受けました。

自衛隊格闘術

パラベラム協会は、元海上自衛官で特殊部隊の創設者であった伊藤祐靖氏(2等海佐)から、2013年から2015まで、格闘術のインストラクター教育とリーダー研修を受けました。

ツールバーへスキップ