パラベラム協会会則

パラベラム協会の会則を掲示いたします。

名称

第1条 この会は、パラベラム協会と称する。

事務所

第2条 パラベラム協会の事務所は、東京都中野区に置く。

目的

第3条 パラベラム協会は、科学的な根拠に基づいて女性護身術(Feminist Self Defense)の研究、開発、支援に関する活動を行うことにより、もって性犯罪・個人間暴力の少ない社会を実現することを目的とする。この目標を達成すべく、組織の活動の基盤を確立し、情報公開を進めることにより社会的な信用を得て、目的とする活動の推進をはかるため、NPO法人化を目指すものとする。

活動の種類

第4条 パラベラム協会は、前条の目的を達成するため、次の種類の活動を行う。
 (1) 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
 (2) 社会教育の推進を図る活動
 (3) 子どもの健全育成を図る活動
 (4) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

事業の種類

第5条 パラベラム協会は、第3条の目的を達成するための事業として、次の事業を行う。
 (1) 女性護身術の研究事業
 (2) 女性護身術の指導事業
 (3) 性犯罪に関する情報提供・啓蒙活動事業
 (4) その他目的を達成するために必要な事業

会員

第6条 パラベラム協会の会員は、次の3種類とする。
 (1) 正会員は、パラベラム協会の目的に賛同し入会した者で、法人化の際には正会員となる者とする
 (2) 賛助会員は、パラベラム協会の事業を賛助するために入会した者とする。
 (3) 名誉会員は、パラベラム協会に功績のあった者又は学識経験者等で、名誉会員として役員会において推薦された個人又は団体であって、本人の承諾したもの。
 (4) 利用会員は、パラベラム協会の提供するサービスの利用を希望する者とする。

入会

第7条 利用会員以外で、会員として入会しようとする者は、入会申込書を会長に提出し、役員会の承認を得るものとする。

退会

第10条 会員は、退会届を会長に提出し任意に退会することができる。
2 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、退会したものとみなす。
 (1)本人が死亡したとき。
 (2)会費を1年以上納入しないとき。

拠出金品の不返還

第11条 既に納入した入会金、年会費及びその他の拠出金品は、これを返還しない。

会員特典

第12条 正会員は、次の各号の特典を受けることができるものとする。
 (1) ウェブサイト等の会員専用ページへのアクセス
 (2) 正会員向けの各種イベントへの参加
 (3) パラベラム教室への参加
 (4) パラベラム研究会への参加
 (5) インストラクター教育への参加

禁止事項

第13条 会員は、当会での活動にあたり、次の行為を行ってはならない。
 (1) 他の会員、第三者、もしくはパラベラム協会の権利を侵害、またはそのおそれのある行為。
 (2) パラベラム協会または第三者に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為。
 (3) パラベラム協会の運営を妨害する行為、信用を毀損する行為、またはそのおそれのある行為。
 (4) 犯罪行為、公序良俗に反する行為、法令に違反する行為、あるいはそのおそれのある行為。

除名

第14条 会員が次の各号のいずれかに該当するときは、役員会の議決により、これを除名することができる。
 (1) 本会則に違反したとき。
 (2) パラベラム協会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
 (3) その他、パラベラム協会の会員としてふさわしくない行為があったとき。

免責

第15条 パラベラム協会に関連して、会員が他の会員もしくは第三者に対して損害を与えた場合、または会員と他の会員もしくは第三者との間で紛争が生じた場合、パラベラム協会は一切責任を追わないものとし、当該会員は自己の費用と責任でかかる損害を賠償し、また、かかる紛争を解決するものとし、パラベラム協会にいかなる迷惑または損害を与えないものとします。

損害賠償

第16条 会員が、本会則及び利用会員会則に反する行為によってパラベラム協会が損害を受けた場合、当該会員は、パラベラム協会が受けた損害を、パラベラム協会に賠償することとする。
2 会員資格を喪失した後の場合も、前項の規定は継続されるものとする。

役員

第17条 パラベラム協会に次の役員を置く。
 (1) 理事 3人以上7人以内
 (2) 監事 1人以上2人以内
2 理事のうち1人を会長とし、1人以上2人以内を副会長とする。
3 理事は、正会員の互選により選出する。
4 会長及び副会長は、理事の互選により選出する。
5 監事は、総会により選任する。
6 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
7 2022年4月1日まで、理事と監事は20歳以上の者のみとする。

職務

第18条 会長は、パラベラム協会を代表し、その業務を統括する。
2 副会長は、会長を補佐し、これに事故があるとき、又は欠席の時は、その職務を代行する。
3 監事は、パラベラム協会の業務および財産の状況を監査する。

解任

第19条 役員が次の各号のいずれかに該当するときは、役員会の議決により、これを解任することができる。
 (1) 心身の故障により、職務の執行に堪えられないと認められるとき。
 (2) 職務上の義務違反、その他役員としてふさわしくない行為があったとき。

総会

第20条 パラベラム協会の総会は、正会員を持って構成し、年に1回開催するものとする。ただし、必要があるときは臨時に開催できるものとする。
2 総会は、以下の事項について議決する。
 (1) 会則、事業等の変更
 (2) 解散
 (3) 事業報告及び収支予算
 (4) 役員の選任又は解任
 (5) その他、パラベラム協会の運営に関する重要事項
3 総会は、正会員の過半数の出席がなければ、開会することができない。

議事録

第21条 総会の議事については、議事録を作成する。

役員会

第22条 役員会は理事をもって構成する。ただし、監事を除く。
2 役員会は、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない業務の執行に関し、議決する。

事業報告書及び決算

第23条 会長は、毎事業年度終了後、速やかに事業報告書、収支計算書を作成し、監査を経て総会の承認を得なければならない。

事業年度

第24条 パラベラム協会の事業年度は、毎年1月1日に始まり、同年12月31日に終わる。

事務局

第25条 パラベラム協会の事務を処理するため、事務局を置く。

委任

第26条 この会則に定めのない事項は、総会の議決を経て、会長が別に定める。

変更

第27条 この会則は、総会において、出席者の過半数以上の承認がなければ変更できない。

附則
この会則は、平成30年1月31日から施行する。