採用技術

パラベラムが採用している技術について解説いたします。

詠春拳

詠春拳(Wing Chun)とは中国拳法で、女性が創始した唯一の武術と言われています。詠春拳には200年から300年の歴史があると考えられています。言い伝えによると、五枚という尼僧が、修行していた少林寺が清王朝から攻撃を受けた際に、四川省の大涼山に隠れ、そこで鶴と山猫の戦いを目撃し、そこから得た教訓を元に詠春拳を作ったと言われています。

詠春拳の特徴には接近戦を重視することがあります。技術的には、自分の身体の中心を護りながら敵の身体の中心に対して、最短距離の直線的なパンチやキックで攻撃します。敵からの攻撃は受け流しながら敵の力を利用して反撃するように攻防一体の技術体系となっています。そのため、他の格闘技に見られるような飛んだり跳ねたりする派手なパンチやキックはありません。また、最小の動きで攻防一体を実践するために、大きなフットワークを一切しません。

詠春拳は様々な武術に影響を及ぼしており、西側諸国に於ける軍隊式近接格闘術の祖といわれる William E. Fairbairn は、1907年に上海で皇太后の護衛隊にも指導していた Tsai Ching Tung より詠春拳を習い、それを元にして自らの近接格闘術(Close-quarters Combat)・サイレント・キリング(Silent Killing)を創始したと言われています。

日本ではあまり知られていない詠春拳ですが、ヨーロッパでは大変広く普及しており、ヨーロッパに於いての詠春拳は、伝統的な技術を継承しつつもヨーロッパ式の合理性に基づいたプログラムに整理されており、警備会社などで広く採用されています。

ファンクショナル詠春拳(FWC)

ファンクショナル詠春拳(Functional Wing Chun, FWC)とは、デンマーク人のJesper Nielsen先生が欧米人に比べて体格に劣る日本人でも「実戦で使える詠春拳」として創始されたものです。
ファンクショナル詠春拳では、常に自分よりも体格や体力で勝る相手と戦うことを想定しており、5秒程度で敵を無力化することを目指しています。

ファンクショナル詠春拳(FWC) ©Js gym

そのために、ファンクショナル詠春拳では、敵と力比べに陥らないようにするため、敵の力を無効化するための技術を、最も重視しています。
具体的には、敵と手が触れ合う至近距離で、パンチやキック、掴もうとしてくる手などを、力がぶつからないように受け流すことで、敵の攻撃を封じつつ、自らの攻撃を当て続ける技術を身につけます。

名称にある「ファンクショナル」とは英語で「実用的・機能的であるさま」を意味しており、実戦では使えない派手で複雑な技術や上達の見込めない無意味な練習方法を詠春拳から排除し、恐怖・混乱・狂騒の渦巻く現実の致命的武力対決の場面でも機能するように、合理化・近代化したものがファンクショナル詠春拳なのです。

こうした特徴から、ファンクショナル詠春拳は女性や小柄な男性といった、力の弱い人々にとって最適な護身術だと言えます。

Jesper Nielsen先生

Jesper Nielsen先生は、1972年生まれのデンマーク人で、コペンハーゲン大学にて日本文化や化学を専攻。様々な武道・格闘技を経験されつつ、22歳から詠春拳を習い始め、EWTO1 とEBMAS2 で、梁挺派詠春拳3 を修められています。2005年に来日されてから現在まで、神奈川県のジェイスジムにて詠春拳の指導をされています。

パラベラムでは、Jesper Nielsen先生が認定する、ファンクショナル詠春拳の段位・級位を取得することが出来ます。

女性護身術

女性護身術(フェミニスト・セルフディフェンス, Feminist Self Defense, FSD)は、1970年代の女性に対する暴力を許さない社会的な要請に応じて、アメリカやカナダで開発された、女性や子供など力の弱い人のための護身術です。

女性護身術の歴史がスタートしたのは正確には1972年です。アメリカに於いて Matt Thomas(母親が日本人で父親がアメリカ人)によって空手を元にした女性護身術が作られ、同年、カナダに於いて、Paige family (Ned Paige & Ann Paige) によって空手と柔道をもとにした女性護身術が作られました。

一般的な護身術では、見ず知らずの他人(いわゆる不審者)からの暴力を想定しています。それらとは異なり、女性護身術では、女性の多くが顔見知りにより殺害されたり強姦されたりしていること、強姦には必ずしも身体的な暴力が伴わないこと、 強姦の多くが計画的におこなわれていること、といった実情を踏まえて、身体的な抵抗のみでなく、心理的な抵抗の技術(言葉と態度による攻撃の回避)を重視しています。

こうした女性護身術は、レイプ発生率が世界一高い米国を中心に普及しており、米国のセキュリティ専門家にもレイプから身を守るための護身術として、その効果が認められています。

日本に於いては、2007年に国産初の女性護身術としてパラベラムの研究・開発がスタートします。パラベラムは、アメリカ、カナダ、スイスの女性護身術団体から訓練を受け、更には女性護身術の技術面と知識面の弱点を克服するために、ファンクショナル詠春拳(FWC)の技術、戦略学、進化心理学、犯罪心理学などの知識を導入し、独自の改良を加えて現在に至ります。

脚注
  1. EWTO(European WingTsun Organisation)は、梁挺の弟子である、Keith R. Kernspechtにより設立された欧州でも最大規模の詠春拳団体です。 ↩︎
  2. EBMAS(Emin Boztepe Martial Arts System)は、EWTOから分派した、Emin Boztepeにより設立された詠春拳団体です。 ↩︎
  3. 梁挺は欧州に詠春拳を広めた中国武術家です。葉問の高弟だった梁相の弟子で、後に葉問の最後の弟子となりました。また、梁挺派の詠春拳は「Wing Tsun」と表記されます。 ↩︎
タイトルとURLをコピーしました